アプリ開発のフレームワーク【flutter】とは?学ぶメリット/作られたアプリの例

flutterとは?アプリ開発のフレームワーク
Contents

flutterの概要

flutterの特徴

Googleが2017年に開発した新しいプログラミング言語

flutterは、主にモバイルアプリ開発において用いられるプログラミング言語になります。
(ただし厳密には、モバイルフレームワークと呼ばれるローコードにはなります)

特徴として、『ウィジェット』と呼ばれる概念が存在し
それはアプリのUIを構成する個々のパーツのことを示し
『ウィジェット』を組み合わせることで、複雑なアプリでも
比較的簡単な構築を可能としております。

参照元;https://www.flutter-study.dev/widgets/about-widget
公式のトップページ;https://flutter.dev/

flutterのコンセプト

先ほど、話した『ウィジェット』の概念も画期的なのですが
それ以上に、flutterのコンセプトがとても魅力的なものになります。

そのコンセプトとは…

Write once, Run anywhere
(意訳)
一回コードを書けば、どんなプラットフォーム上で動作する

そのコンセプト通り、flutterで書いたコードは
『i os / android / web / linax /mac os』などの
あらゆるプラットフォーム上で動作します。
(このような言語を一般的にクロスプラットフォーム言語と言います。)

なので、これまでプラットホーム別に言語を分けないといけなかったのとは対照的に
例えば、i os / androidの二つでアプリをリリースするとしたら
開発にかかる時間・コストは半減します。

となると、特に、資金繰りに厳しいスタートアップの経営者さんや
テストマーケティングでプロトタイプのアプリを出したい方に
非常におすすめできる開発言語だと言えます。

flutterの話題性

引用元;https://trends.google.co.jp/trends/explore?date=today%205-y&geo=JP&q=Flutter,%2Fm%2F012l1vxv,%2Fg%2F11c0vmgx5d

上のグラフは、他のアプリ開発の言語と比べた時の
『flutter』ワード単体の人気の動向を表しております。

近年、急速に人気を増してきており
たった、5年余りで他の有名な開発言語である
『React』『Vue.js』に肩を並べるまでの存在になっていると分かりますよね。

なので、グラフの伸び率から
これから需要がさらに伸びると予想され
将来性の高いプログラミング言語だと言えます。

flutterで作られたアプリの例

ではさっそく、flutterでどんなアプリが作れるのかを見ていきます。
基本的にどんなアプリでも構築可能ですが、代表的な例として

・地図連携型アプリ
・業務効率化アプリ
・マッチングアプリ
・ショッピングアプリ
・ライブ配信アプリ

などの複雑で、従来だとかなりのコストが必要だったアプリも作れてしまいます。
次に、具体的な開発例・または開発ストーリーに迫っていきます。

国内の有名なflutter開発事例

じゃらん

特に、有名なflutterの開発事例
リクルート主導の『じゃらん』があげられます。

じゃらんさんは、創業10年を超えるベテランの
旅先の宿予約アプリ。

長い歴史があるからこそ
コードが古く・ビルド効率が悪いなどの様々な課題が存在し
そこで、完全flutterへの移行に乗り出しました。

Green

成果報酬型の求人サイトである『Green』さんは
昨年の2月に、初めてモバイルアプリのリリースを発表し
その開発環境がflutterでした。

以下のnote記事に、開発ストーリーが綴られております。

https://note.com/raykaga/n/n52c1ee039331

カウル

公式サイト;https://kawlu.com/market

『カウル』は、相場価格の比較をしながら
中古不動産の売買ができるアプリになります。

アプリを入れて使った感想としては、やはりUI/UXが優れており
flutterで作られたアプリのデザイン性・操作性に感動しました。

以下が、flutter開発の裏側を語ったnote記事になります。

https://note.com/yamarkz/n/nd9716541d8ad

海外のflutter開発事例

正直な所、日本ではflutterでのアプリ開発
まだまだ開拓されていない印象。

しかし、海外に視野を向けてみると
アメリカ・インドなどのプログラミング大国を中心に
どんどんflutterユーザーが増え、コミュニティが形成されてきております。

https://itsallwidgets.com/


例えば、
このサイトでは、海外で作られた様々なflutterアプリが紹介されており
アイデアの種』がたくさん潜んでいます。

まとめ

以上、注目のアプリ開発言語の
flutterでありましたが、まだまだ語りきれてない良さ・メリットがあります。

なので、またflutterの記事をあげようと思いますので
興味を持った方は、『CoCoIDe』のSNSをフォローするなど見逃さないようにチェックをおすすめします!

flutterとは?アプリ開発のフレームワーク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

学びをSNSで共有する
  • URLをコピーしました!
Contents