起業アイデアが出せない?見つけ方/起業ネタの例/発想フレームワーク

起業アイデア 出し方 例
Contents

起業アイデアの概要

アイデアが起業のスタート地点

最初に、起業とは、何かの目的を達成する手段に過ぎません。

アイデアを整理することで、ビジネスが儲かる仕組みが構想され
目標達成へと近づけます。

なので、じっくりと時間をかけて
アイデアを磨き上げていくことが大切だとされます。

どこに目をつけるのか?

意外と『日常の中にあふれたアイデアの原石をいかに拾い上げるのか?』が重要

成功したビジネスモデルの多くは、日常にありふれたものに着目したケースが多い。
EX)
・ 外食が面倒くさい→Uberを注文する

なので普段から、他の人が気にしない点に疑問を持ち
解決策としてのアイデアを考えることが大切になります。

起業アイデアの見つけ方/発想法

悩んでいる人に話を聞く

『起業する』とは、お悩み解決を始めること。

なので、実際にあなたが解決したい問題に関係する人
つまり、これからお客さんになるかもしれない方に対して

どんな問題に、具体的にどのように困って
どんな解決手段を求めているのか

生の声を聞いてヒアリングしていくことが必須。

というのも、そもそもニーズがなければ
サービス・プロダクトに価値は存在せず勿論お金を稼げないので、目標を達成するための事業を継続できません。

世の中のトレンドをチェックする

起業を成功させる要因として
絶対に外せないポイントが『市場のトレンド』になります。

トレンドは、”欲求の波”と言い換えられて
多くの人が共通して、同じサービス・プロダクトを求めている状態だと言えます。

なので、利益が発生しやすく
起業の成功確率がグンっと高くなります。

一時期、タピオカ屋さんがブームだった頃は
タピオカ屋で起業した8割方は、月の売り上げが100万円固かったらしい。


しかし、ここで注意なのですが
稼ぎやすい=たくさんの人が参入するので
市場競争が激しくなるのは明白。

だから

・市場がまだ成長してない頃に参入して、先行者利益を得る

・トレンドの中でも、競合の少ないニッチな市場を選ぶ

この2点の意識が求められます。

自分の『強み』を確認する

言われてみれば、当然なことですが
いかに優れたアイデアがあったとしても

それを実行に移せるだけの
十分な『ノウハウ・経験・お金・人脈』が存在しない状態なのに

起業したら、間違いなく失敗します。


『じゃあ、どうしたいいんだよ?』と思いかもしれませんが
基本的には、小さな実績を積み上げて
同時並行で、全体的なステータスを上げていくのが安パイかと。

それでも、ひとつ切り離せない点が存在し
それは、事業に対する『あなたの能力適正』になります。

性別・顔面偏差値・情報処理能力など
どうしても、努力では乗り越えれない問題は、人には存在するのが現状。

だから、自分には何が得意で/何が苦手なのかをしっかりと把握しておいて
それを起業アイデアに反映させておくことを強く勧めておきます。

例えば、あなたがこれまで教育系に従事し
「人に教えるのが得意」だとしたら、受験業界やコーチングなどが成功確率が高く
かつ、人一倍、熱量高く起業に取り組めるかもしれません。

ちなみに起業の準備をしてから、この事業自分に向いていないなと感じる場合でしたら
最悪損切りを行い、事業の修正(ピポット)の必要性も頭に入れておきましょう。

既存のサービス・プロダクトの特徴を掛け合わせる

これまでに、成功した起業アイデアによく見られる特徴として

既存のサービス・プロダクトの良い点を掛け合わせて
さらにより良いものを作り上げるという手法があります。

例えば、
・ファンデーションに日焼け止め成分を配合する
・書き直せるボールペン = フリクション・ボールペン

掛け合わせのアイデアによる問題解決は、まさにイノベーションという感じがして
ワクワクしてきますよね。

他のアイデアに関するフレームワークを、知りたい方はこちらをどうぞ
オズボーンのチェックリストとは?活用方法(keyence.co.jp)】

海外からの情報収集

先ほどの、先行者利益を得るという話なんですが
『情報の鮮度』という観点では、海外からの文献にも目を通しておくことが大切だと一般的には思われます。

というのも、海外の研究は日本よりも先行したケースが多く、
より鮮度が高く情報の価値が高いものが集めやすいのが特徴。

『技術』と密接なビジネス(起業)は、特に
こうした側面で役立つと言えますね。

ただし、英語のメディアの探し方は、難しいと思いますので
以下におすすめの英語での情報収集をまとめてあります。

英語情報収集完全マニュアル:nomad-blog】
英語で情報収集するメディア:studyhacker.net】

色んな人にアイデアを相談する

起業アイデアを構想する上で
是非とも、気をつけておきたい点は
アイデアが主観的なものになってしまい、事業計画として成功確率の低いものが仕上がってしまうこと。

なので、専門のメンターさん並びに、知り合いの経営者さん
VC(ベンチャーキャピタル)の担当者さんなどに、作り込んだ事業計画書を持ち込み
壁打ちの中でフィードバックをいただくことで
アイデアに客観性を持たせたり、より成功確率の高いものに磨き上げるのが良いかと。

さらに、会話の中で新しい気づきが生まれ
行き詰まっていた課題を乗り越えられたみたいな事例もあるので
『他者との会話』は、さらに良いアイデアを生み出す上で
避けては通れないと言えるかもしれません。

成功しやすい起業アイデアのネタ例

SNS上でアフィリエイト

SNSは、登録が無料でかつ
伸ばし方のコツが明確なので

初期費用をかけず、初心者が簡単に起業の資金を集める手段
として非常におすすめ。

そこに、アフィリエイトを掛け合わせると月に100万円など爆発的に稼ぐ人もいます。
以下の流れがザックリとしたSNSアフィリエイトの始め方。

STEP
大手ASP会社から、紹介する『案件』を探す

どうして最初に、大手ASP会社をおすすめするのかと言うと
案件がとんでもなく豊富→アカウント戦略が自由自在
・上場企業だから、サービスを安心して使える
・ASP側からの始め方サポートがあるので初心者でもOK

この3つが主な理由になります。

ちなみに、『案件』と聞くとハードル高く聞こえるかもしれませんが
・Amazonの商品/楽天の商品も紹介可能
・無料登録サービスを紹介するオプトインアフィリエイトが存在
・公式が認める『自己アフィリエイト』と呼ばれる裏ワザで最低5万は無条件で稼げる

これらの理由から、コツを押さえたら簡単に収益を発生されられます。

左から順に審査が受かりやすく、かつ、初心者におすすめなASP会社となります。
ASPへの登録が済みましたら、さっそく次の段階へと進んでいきましょう。

STEP
選定した『案件』を元にアカウントのコンセプト設計

ここにおける、アカウントのコンセプト設計が9割
成功するのかどうかを左右するので、慎重に時間をかけて構想します。

まずは『誰の▶︎どんな悩みを▶︎どのように解決』をイメージし

ここの解決する方法に、案件のサービス・プロダクトをおすすめする
流れ(文脈)を考えるのが単純かつ強力なフレームワークと言えます。

ここの、アカウントのコンセプト設計は
話そうとするとキリがないので、他の記事で紹介します。

どうしても、今すぐ知りたい方は、SNSか公式ラインの方から
直接、丁寧に相談に乗ります😆。

STEP
アカウント設計の元、SNSを運用・発信していきます

それでは早速、案件選定〜アカウント設計までの準備をしっかりとした上で
SNSの運用をようやく始めていきます。

ここが楽しい所であり、関門でもあります。
なぜなら、初心者は途中で諦めてしまうから。
それも当然、世の中そこまで甘くはないし
簡単に稼げるなら皆んなアフィリエイトを始めます。
だから、最低1ヶ月〜3ヶ月は継続する覚悟をして下さい。

それでも、ぼくはこのメディアを通して
あなたへ O→1のビジネスの楽しさを知っていただきたいと本気で思っております。

だから、わかりやすく質の高いコンテンツを作りを心がけますし
個別に相談にも乗るので共に頑張りましょう🔥。

参考記事【SNSアフィリエイトを始める手順

代行ビジネス

Web制作/ライター/動画編集

オンラインスクール運営

コンサルティング

起業アイデア 出し方 例

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

学びをSNSで共有する
  • URLをコピーしました!
Contents