【Notion初心者ガイド】Notionの始め方/使い方/具体的な用途を分かりやすく

Notion初心者向け;始め方、使い方、用途を分かりやすく
かずき

煩雑な書類の整理/共有や、データの整理/保存
普段どのようにしています?

ふと思いつくものでは、OneNote/EverNote/Google Keepなどがあげられるでしょう。

だけども、無料版の使用範囲では何かと制限がかけられ
不便に感じたことは一度はあるはず。

しかし、 基本無料でありながら
動画/Googleスプレッドシート/Wordの様々なファイル形式に対応し
自由自在なカスタマイズが行えるドキュメント管理アプリがあるんですよ。
(今や、仕事・日常のタスク管理で頻繁に使われる必須アプリ)

それが、Notionと呼ばれるノーコードアプリ

今回の記事では、
Notion何が凄いのかイマイチわからない」
Notionを一回入れたけど、イマイチ使い方・用途が分からない」
そんな疑問に分かりやすく答えて、あなたが賢くNotionを使いこなせるようにしました。

Contents

Notionとは?

Notionの特徴(何がすごいのか?)

Notionの特徴/機能をザッとあげていくと

  • メモ作成
  • ドキュメント作成
  • ドキュメントのシェア
  • 動画やウェブのクリップ
  • ウェブページ作成
  • Todo管理
  • データベース
  • スケジュール管理
  • ガントチャート機能
  • Wiki機能(情報共有ウェブ)
  • 文書テンプレート作成

「いや〜多すぎて、全部押さえてきれないわ」と
そう思いですよね。

そう、Notionの最大の特徴は、こうした『多機能性』にあります。
タスクの管理から、情報のまとめサイト、ガントチャート、表の作成に至るまで
仕事/日常の大半のドキュメント整理をまかなえる汎用的な守備力が売りなのです。

そうなると何が凄いのかと言うと
以前までは、エクセルでグラフを作成し、一方Wordで文章を書きながら
To Doリストアプリで期限を管理するなど、作業を複数アプリに分割していたのですが

これからは、Notionを導入することで
同一アプリ上で、ドキュメント関連の作業/期限の設定/データの共有が行えるようになったのです。

かずき

しかも、Word/スプシ/DropBoxなどの
従来のアプリとの連携も可能なので
簡単に、既存のデータをNotion上に取り込めます。

Notionのメリット/デメリット

Notionのメリット

  • 多機能性
  • カスタマイズ性
  • リアルタイムで情報の共有が可能
    →Zoomで画面共有しながら、情報更新
  • Evernote、Googleドキュメント、Slack などの情報がバラけやすいアプリの
    ナレッジの蓄積・ドキュメントの共有/管理』のハブとなる

先ほど、お伝えした多機能性に引き続いて
自由自在な『カスタマイズ性』もメリットの一つ。

文字、背景、ウィジェットの細部に至るまで
様々な部分のカスタマイズを行うことで
あなただけの/お気に入りの』ドキュメント管理ツールを構築できるんですよね。

これは、特に個人目的での利用で役立つと言え

「勉強になるサイトのリンクを分かりやすく整理する」
「本を読んだ後の、学び/思いをまとめる」
などで、楽しくドキュメント整理できますね。

『はるなか』さんのNote記事

Notionのデメリット

  • 自由度が高すぎるあまりに、使い方のイメージがしにくい
  • 6人以上のユーザーに共有する時は、月額で料金を支払う
  • 最初のポータルハブの構築に時間が要する

一点目のデメリットは、後ほど使い方を詳しく解説していきます。
二点目のデメリットは、個人で利用する分には問題ありませんね。仕事で使うケースでは、必要経費だと捉えましょう。
三点目のデメリットは、Notionには、他人が作成した『テンプレート』が存在するので
時間をかけたくない人は、そちらを利用するようにしましょう。

公式サイトでは、用途別のカテゴリーで様々な『テンプレート』が紹介されております。

Notionの始め方〜基本操作

Notionのインストール

まずは、『Notionの公式サイト』にアクセスし、右上の無料で始めるをクリックし
会員登録を済ませます。
そして、個人で始めるのか/チームで利用するのかを選択して
さっそく始められます。

ブラウザ上でも、使えますがアプリを入れたい方は
左上の適切なOSからのダウンロードボタンから、DLを済ませた後に同様の作業を行いましょう。

Notionを入れた後の基本操作

基本的に、公式からのサポートが初期から導入されているので
そちらを参考に、使い方に慣れていく形になるでしょう。

ただし、カスタマイズに力を入れるなど
Notionを早く使いこなしたい方は、以下のサイトの『テンプレート』を参考にするのもよいかと思います。

Notionの使い方・用途はどうする?

Notionの使い方・用途の具体例

チーム共有用Wikiの作成

更新・追加の必要があるノウハウ/データを共有するポータルサイトのような使い道ができます。

プロジェクトとタスクの管理

一つのプロジェクトに対して、それぞれのタスクの進捗度の管理/共有が行えます。

カードギャラリー

メモ/ドキュメントの作成

企業のNotion活用事例から学ぶ

Webサイトを作れる『Wraptas』

https://wraptas.com/

Wraptas』と呼ばれるプロダクトは、
Notionに書くだけで簡単にWebサイトを構築できるという
画期的なノーコードアプリになります。
Notionをもとに、こんなアプリまで作れるだなんて驚きですね。

Notionの使用感に関する口コミ/ユーザーの声

Notionに関するポジティブな声

公式からの手厚いサポートや、情報を集約させるポータルの使い道に対して
良い評判が多い印象です。

Notionに関するネガティブな声

Notionのネガティブな口コミとしては、先ほどお伝えしたような
カスタマイズ性が自由すぎて、操作に困る点がありました。

また、Notionスマホアプリ版の操作性に以前から
課題の声がありましたが、直近で大幅アップデートがあったなど
徐々に、操作性の改善がされてるようですね。

まとめ

以上、Notionの何が凄いのかと
それをどのように活用していくのかを紹介した記事でした。

「学びになった!友達に教えたくなった!」となりましたら
ぜひ、共有してみてはいかがでしょうか。

本メディア『ココイデ』では、他にも便利なノーコードアプリを引き続き紹介していきます。

・目的に応じたおすすめのノーコードアプリを知りたい
・ノーコードアプリの使い方を相談したい
・ノーコードアプリに関する限定情報が欲しい

などの方は以下、公式ライン登録から、丁寧にご対応いたいます。

Notion初心者向け;始め方、使い方、用途を分かりやすく

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

学びをSNSで共有する
  • URLをコピーしました!
Contents